安くてもしっかり活用できる

傷やヒビが入っていないか

パンクする危険性が高い

綺麗な状態の中古タイヤを選択してください。
爪が簡単に入るぐらい深い傷が入っているタイヤは、走行中にすぐ壊れるので避けなければいけません。
注意深く、タイヤを確認しましょう。
そもそも横に傷が付いているタイヤを販売するお店は、信頼できません。
あまり良くないと思ったら、別のお店に行きましょう。

気になるタイヤがあれば、詳しく見せてもらってください。
全体を確認して、特に傷やヒビが見当たらなければ購入しても問題ありません。
変なタイヤを選択して、事故を起こすと自分が慰謝料を支払います。
かなり大きな出費になりますし、事故を起こしたというレッテルを貼られます。
良いことが何もないので、タイヤ選びを慎重に行ってください。

自分で見に行って判断する

ネットでも中古のタイヤを扱っているサイトがありますが、自分でお店に行って状態を確認しなければわかりません。
サイトの写真では小さくて,溝が残っているのか、傷やヒビが入っていないのか判断できないことが多いです。
また製造年数も書いてなかったり、書いてあったとしても真実かわかりません。
写真を見たらとても綺麗で良質な印象だったのに、実際に届いたのはボロボロで状態の悪い中古タイヤだったというトラブルも起こっています。

状態を確認してから買わなければいけないものなので、自分の目でチェックしてください。
仕事で忙しい人でも休日の空いている時間を利用して中古タイヤを扱うお店を訪れましょう。
自分で中古タイヤの状態を見られれば、安心して購入できます。


TOPへ戻る