安くてもしっかり活用できる

古すぎるタイヤはおすすめできない

タイヤが作られた年数

製造年数を見ることで、良い中古タイヤなのか判断できます。
タイヤのホイールに接触する部分に、製造年数が必ず記載されています。
溝がまだ残っていても、製造年数がかなり古い場合は選択しないでください。
使用しているとノイズが発生したり、滑りやすくなってしまいます。
数年前のタイヤなら、安全に利用できると思います。

製造されてから10年が経過しているタイヤは、かなり危険です。
そのようなタイヤは、他のタイヤに比べて安く販売されることが多いです。
しかし安さに釣られないで、数年前に製造されたタイヤを選択しましょう。
安いことはもちろん大事ですが、事故を起こす危険性が高いタイヤは絶対に使ってはいけません。
安全に、車に乗ってください。

出費が増えてしまう

安いと思って、製造年数が古いタイヤを買う人が見られます。
しかしすぐに不具合が起こって、使えない状態になるでしょう。
すると再びタイヤを購入しなければいけないので、無駄な出費が増えます。
出費を減らすために、中古タイヤを選択する人がほとんどだと思います。
しかし買い替えの時期が早くなったら、新品のタイヤを買った時よりも高額になるかもしれません。

製造年数が経過していても、見た目が割と綺麗なタイヤも見られます、
しかし、内部がどうなっているかはわかりません。
走行した時に不具合が生じたら大変なので、製造年数が古いことがわかったらもう諦めてください。
いろんな中古タイヤを探せば、希望に一致するものが見つかるはずです。


TOPへ戻る