安くてもしっかり活用できる

良いタイヤを見抜くための知識

溝が残っている中古タイヤ

新品のタイヤは、4本の溝があります。
溝が残っている中古タイヤを選択してください。
まだ4本がしっかり残っているものや、3本のものが良いでしょう。
2本や1本しか残っていない中古タイヤは、運転中に滑りやすくなります。
するとブレーキを踏んでも止まれないので、事故を起こす危険性があります。
壁にぶつかるだけの事故だったらケガ人がいないので良いですが、人を轢いてしまった場合は大変です。

中古タイヤを適当に選択すると、大きな事故の原因になると忘れないでください。
ですからタイヤの状態を見て、まだ使えるものなのかチェックしましょう。
事前に、中古タイヤを買う時に注意したいポイントを知ると良いですね。
それに従って判断してください。

優良なお店を見つけよう

あまり良くないお店は、溝が1本しか残っていなかったり、全く残っていない中古タイヤばかり扱っています。
そこでは安全な中古タイヤを購入できないので、お店を変えてください。
優良なお店を見つけて利用しましょう。
タイヤは消耗品なので、これから何度も利用します。
またタイヤだけでなく、車で困ったことがあれば相談するかもしれません。

ですから、知識を豊富に持っているスタッフがいるお店を見つけてください。
少し遠くても、溝がたくさんある中古タイヤを扱っていたり、スタッフが親身になって相談に応じてくれるお店が良いですね。
近くに中古タイヤを扱うお店がたくさんあるなら、一通り巡ってください。
それから最も良いお店を決めましょう。


TOPへ戻る