安くてもしっかり活用できる

長持ちする中古タイヤの見分け方

良いタイヤを見抜くための知識

使い古されているタイヤでは、危険な事故を起こすかもしれません。 ですからタイヤを、慎重に選択しなければいけません。 良い中古のタイヤを見つけるために、溝を確認しましょう。 きちんと溝が残っているタイヤは、中古でも長持ちするのでおすすめされています。

安全なタイヤを選ぶ

中古のタイヤでも、状態が良いものであれば長持ちします。
自分で見極めなければいけないので、どんなタイヤが良いのか知ってください。
まずは、タイヤの溝をチェックしましょう。
新しいタイヤには溝が4つあります。
使用するとすり減って、溝が少なくなっていきます。
溝が全くないタイヤは滑る危険性が高いので、利用しないでください。
悪質なお店は、溝がないタイヤばかり扱っているので注意しましょう。
たくさん溝があるタイヤを扱っているお店は、優良店だと言えます。

製造されて、かなり年数が経過しているタイヤも劣化していることが多いので避けてください。
例え溝が残っていても滑ってしまうことがあります。
製造年数を確認してから、買うか判断しましょう。
タイヤの裏か表のビート側に、製造年数が記載されています。
店員に聞いても良いですが、自分の目で確認した方が良いです。
安くても、古いタイヤは事故の原因になるので控えましょう。

タイヤの横に傷やヒビが入っているものは、絶対に避けてください。
他の条件が良くても、タイヤに傷が入っていたらすぐパンクする危険性があるのでいけません。
状態の綺麗なタイヤを見つけてください。
自分の目で見た目を確認しなければいけないので、お店に行きましょう。
最近はネットでも、中古のタイヤを販売するサイトがあります。
しかしネットの写真を見ただけでは、状態がわからないでしょう。
お店に行って確認して、タイヤを選択した方が安全です。

古すぎるタイヤはおすすめできない

中古なので、ある程度は製造されてから年数が経過しています。 しかしかなり昔に製造されたタイヤは、不具合が起こりやすいので避けてください。 決める前に、製造年数もきちんと確認しましょう。 古すぎるタイヤを買っても、すぐ買い替えなければいけないので出費が増えます。

傷やヒビが入っていないか

タイヤの外見をよく見てください。 少しでも傷やヒビが入っていたら、走行中にパンクする危険性があるので避けてください。 小さい傷やヒビは、見逃すことがあります。 購入する前に、満遍なく確認しましょう。 中古タイヤは買ってしまうと、返品や交換ができません。

TOPへ